会社の人に借金をするリスク

会社の人に借金をするリスク

 

私の会社で勤めている契約社員はとても広柄がよく仕事もできるので慕われていたのですが、お金に困るようになってから会社にいる同じ契約社員仲間や正社員で仲の良い方から借金をするようなってからはみんなから見える目が変わってしまい当事者も次第に人柄も変化して行きました。
入社して3年間はそのような事はなかったのですがある日突然1人の仲間に生活費が足りなくてお金に困っているから1万円貸して欲しいと言われ、仕事ができるので仕事上でお世話になってる事もあり信頼関係もあったのですんなりと貸してしまいました。

1度は翌月の給料日に返済してくれたのですが最後同じ人に1万円を借りるようになり今度は次の給料日になっても返さなかったのですが信頼してる事もあり催促はしませんでした。
その後他の3人にも同様の生活費が困っているとか親の病院代が支払えないからと言う手口でお金を借りていました。

それぞれ1対1でやり取りをしていたのでお互い貸し借りの事は秘密にしていたのですが2ヶ月3ヶ月と返さなくなるうちに貸した側が借金の事を公に話題にするようになりました。
その時に複数の人からお金を借りている事がわかってしまい返す気がないという噂が会社全体に広がってしまいました。

お金を返すように複数でお願いをするとお互い秘密にしてた事が破られてしまった事もあり逆切れしてしまいそれ以来仕事上の態度も変わってしまいました。
借りた契約社員はその後仕事に来なくなってしまい結局お金を返す事なく退社してしまいました。

借りた人は金額が大きくはない為小額訴訟を検討するにも訴訟費用が高くなり回収できる可能性もない事から結局泣き寝入り状態になってしまいました。
借りた側からするとバレなければそのまま会社に居続けようとはしていたのかもしれません、しかし会社の人に借りたお金はしっかりと返さなければ会社に居づらくなるのは当然の結果になります。

貸す側も仕事上の信頼関係とお金の信頼関係は別だと考え貸す場合はお互いに家がわからないのもあるのでリスクを承知で貸すのが良いと思います。

 

どんな言い方をしても借金は借金

ローンやキャシングや借り入れや融資や、同じお金を借りるという手段でも、表現方法は色々あります。
端的に言えば借金をするということなのに、言い方が違うだけで随分違う印象を受けますね。

ローンやキャッシングのようにカタカナでの表記だと、お金を借りることが随分と手軽なもののように思えてきます。
カードローンにキャッシングというのと、消費者金融というのでは受けるイメージは大きく異なって、前者の方が利用に躊躇を感じません。

利用者にとってそれが良いことなの悪いことなのかの判断は微妙なところですが、少なくとも言い方によっては利用止まるという人はいるでしょう。
現に私がそうでした。

即日キャッシングと聞いていて、直ぐにでもお金を用意できると意気込んでいたのに、消費者金融という名称を見た途端なんとなく気持ちが落ち込んでしまって。
色々考えて結局お金を借りましたが、それは何とか必要な分を安全に用意できないかと駆けずり回って、はっきりなんともできないと判明してからの決断でした。

どんな言い方をしても、最終的にお金を借りるということは借金をするということでしかないようです。
それをしっかり受け入れた上で、慎重にキャッシングやローンというものを利用するべきなのでしょう。
出典:借金返済方法

銀行でお金を借りる方がお得

お金を借りる際に多くの人が消費者金融や銀行からお金を借りることがあると思います。
この時の豆知識としてはできるだけ、銀行からお金を借りたほうがいいということです。

なぜなら、借金をするなら銀行の方がたくさんのメリットがあるからです。
まずは、銀行の方が消費者金融よりも金利が安いということです。

これにより、高い金利の場合にはたくさんの余分なお金を支払ってしまうため、同じ借金のにも関わらず、損をしてしまうからです。
次に、多額のお金を借りることができるからです。

消費者金融では総量規制があるため、年収の3分の1しかお金を貸してはいけないというルールがあります。
それに比べて、銀行ではこのルールでもある総量規制がないため、たくさんのお金をかりることができます。

特に多くの銀行では200万円以下の借金の場合には所得証明書がいらないため、余分な手間が関わらずにお金を借りる事ができます。
このようなことから銀行では、少ない利益で多額のお金を借りる事ができます。

しかし、デメリットとしては消費者金融よりも審査が厳しいため、人によってはお金を借りる事ができないという場合があるため、一定の収入がある人はまずは、銀行でお金を借りることをオススメします。

社会保険料を支払うために、借金しました!

私は、人生でなんどか借金をしています。
最後に借金したのは、今年の4月です。

今年の3月まで私は、一年契約で、ある会社に勤務していました。
契約社員です。

そこで、給料が176000円だったのですが、支給方法が、4月の給料が4月に支払われ、社会保険料は5月という形だったのです。
そこで、3月の給料は、3月分の社会保険料が翌4月に発生するため、3月の給料で2か月分の控除をするはずだったのですが、上司が控除をわすれていて、3月分の社会保険料を控除し忘れてしまったのです。

ですので、給料天引きでなく、翌つきに私に請求が直接来ました。
金額は27111円です。

私の給料は前述のとおり、176000円なので、いきなり27111円の請求はきついです。
とてもたいへんでした。

というか、貯金はしているのですが、払えそうにありません。
お金は2000000円ぐらいは持っていたのですが、払いたくありません。

だいぶしぶったのですが、だめでした。
その代わり、親に借りました。

親になきついて、社会保険料の27111円と、医療費の10000円、障碍者年金の診断書代10000円を変わりに出してもらいました。
合計50000円借りたのです。

すぐにかしてくれました。
ラッキーだったと思います。

2014年8月29日